東京の総合コンサルなら、清水コンサルティング・グループ株式会社へ。中堅・中小企業、個人企業、士業事務所に加え、一般個人のコンサルも実施。60の資格を有する士業集団が、企業価値の最大化と個人様の資金計画をいたします。1998年創業。


 

東京の総合コンサルなら、清水コン
サルティング・グループ株式会社へ

〒132-0024 東京都江戸川区一之江7-22-5
都営地下鉄新宿線 一之江駅 A1出口より徒歩7分
代表取締役社長兼CEO 清水一郎

 

03-6303-4197

清水コンサルティング・グループ
株式会社の総合受付番号です。

★営業電話、営業メールは固くお断り
しております。

東京の総合コンサルなら、清水コンサルティング・グループ株式会社へ
①国内唯一、法人・個人企業・士業事務所に加え、一般個人も対象にした総合コンサル
国内唯一、全コンサルタントが有資格者、60の資格を有する士業集団がワンストップでご支援
➂国内唯一、経営コンサルタントは「日経TEST」を毎年受験、700点超の経済知力を保有



 本サイトは工事中です。11月18日リニューアル・オープンの予定でございます。
 尚、ご相談などの受付は、通常どおり行っております。

⑪化学・ガラス・製紙|清水コンサルティング・グループ株式会社|東京

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゃゆゅよらりるれろわ・を・んアイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤャユュヨララリルレロワ・ヲ・ン

自動車向け新素材で成長

国際競争で“高機能品シフト”が加速

「素材」が技術革新のカギを握る

 2017年に世界的な大型再編が相次いだのが化学業界だ。6月に中国化工集団(ケムチャイナ)が4兆円以上もの資金を投じて、農薬世界首位のスイスのシンジェンタを買収。8月には、世界2位の米ダウーケミカルと同8位の米デュポンが統合し、新会社「ダウーデュポン」が誕生した。日本は最大手の三菱ケミカルホールディングスですら売り上げ規模で世界10位。「規模では勝負にならなくなっている」(越智仁社長)。

 

  そうした中で国内の化学各社が活路を見いだすのが付加価値の高い素材だ。中でも各社が「成長戦略の一丁目一番地」に位置付けるのが、自動車だ。 三菱ケミカルは、軽くて丈夫な炭素繊維強化プラスチック(CFRP)に注力する。

素材そのものだけでなく、短時間で成形・加工できる技術も外部に提供。2017年2月発売のトヨタ自動車の新型「プリウスPHV」のバックドアに採用された実績を武器に、自動車各社への売り込みを強化する方針だ。

EVや自動運転車に商機

 EVの駆動源となる電池向け素材も有望だ。東レは、20192020年に韓国の子会社などに約350億円を投じ、リチウムイオン電池に欠かせないセパレーター(絶縁材)の生産能力を2017年の計画比でI・5倍に拡大し、旺盛な需要の取り込みを急ぐ。旭化成も、主力の守山製造所で生産能力を引き上げる。 

 

 建築用の市場が成熟するガラス業界も、自動車向けで次の成長の種をまく。走行情報をガラスに表示する「ヘッドアップデイスプレー」(HUD)向けではセントラル硝子が2018年度までに主力の松阪工場(三重県)に新ラインを設ける計画だ。最大手の旭硝子はさらに、自動運転に対応するために通信機能を大幅に高めたアンテナ内蔵ガラスなど、新しい用途の開拓を急いでいる。 

 

 製紙業界にも商機が広がる。注目はパルプを加工して生み出す「セルロースナノファイバー(CNF)」。鉄と比べて重さは5分のIで、強度は5倍以上といわれるこの素材を樹脂に混ぜると軽くて強い部材が作れるため、炭素繊維複合材などと並び、自動車向けの軽量部材として大きな市場が開ける可能性がある。

 

 電動化や自動運転など、新技術の採用で姿を変えつつある自動車。その技術革新のカギを握るのも素材だ。汎用品に見切りをつけ、高機能品で勝負をかける。2018年はそんな動きが一段と加速しそうだ。

主なマスコミ取材実績

お問合せはこちら

「清水コンサルティング・グループ株式会社」のサイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。

ご不明点やご相談などございましたら、
「ご相談フォーム」「メール」「お電話」より、お気軽にお問合せください。

 

お問合せは、お気軽に
お電話を下さいませ。

<よくある質問>
  • 初回面談したい時はどうしたらいいのですか?
  • 無料相談の制度はありますか?
  • 営業時間外や土・日・祝祭日の相談は可能ですか?
  • 対応エリアを教えて下さい。
  • 結局いくらかかるのか不安です。
  • 追加費用が発生することはありますか?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

サービス内容や料金に関して疑問点等がございましたら、ご遠慮なさらずにご質問ください。
どのようなお悩み・ご相談でも結構です。
あなた様からのご相談をお待ちしております。
少しでも不安や疑問がございましたら、どうぞお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問合せはこちらへ

03-6303-4197

清水コンサルティング・グループ株式会社の総合受付番号です。
★営業電話、営業メールは固くお断りしております。

営  業 日:月曜日~金曜日
定  休  日:土・日・祝祭日
営業時間:9:00~18:00

尚、「事前予約」を頂ければ、営業時間外・定休日のご相談・ご面談も可能でございます。

「メール」と「お問合せフォーム」は24時間・ 365日、受け付けております。

E-mail   info@shimizu-cg.jp

 

 

<SCG事業部サイト>

         災害お見舞い

平成30年北海道胆振東部地震により甚大な被害が発生いたしました。
清水コンサルティング・グループ株式会社では、被災者の方々の救援や被災地の復興に役立てていただくため、日本赤十字社を通じ、義援金のご支援をさせていただきました。     2018年9月11日

代表取締役 社長兼CEO
清水 一郎 

親切・丁寧な対応をモットーとしております。気軽にご相談ください。

       サイドメニュー

03-6303-4197

清水コンサルティング・グループ株式会社の総合受付番号です。
★営業電話、営業メールは固く
お断り
しております。


   日:月曜日~金曜日
定  休  土・日・祝祭日
営業時間:9:00~18:00

尚、「事前予約」を頂ければ、営業時間外・定休日のご相談・ご面談も可能でございます。

「メール」と「お問合せフォーム」は、24時間・ 365日受け付けております。

 info@shimizu-cg.jp

       全国対応可能

北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木.群馬,埼玉.千葉,神奈川,新潟,富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,静岡,愛知,三重,滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山,鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川, 愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分.宮崎.鹿児島,沖縄

「日経ビジネス」特集
   2016125日号に、
      代表取締役社長兼CFO 

  清水 一郎  のインタビュー
      記事が掲載されました。

     スマホ用QRコード

東京の経営コンサル事務所なら、清水経営コンサルティング事務所へ

社長改革、社員改革による会社改革なら、東京の清水経営改革事務所へ