東京の総合コンサルなら、清水コンサルティング・グループ株式会社へ。中堅・中小企業、個人企業、士業事務所に加え、一般個人のコンサルも実施。60の資格を有する士業集団が、企業価値の最大化と個人様の資金計画をいたします。1998年創業。


 

東京の総合コンサルなら、清水コン
サルティング・グループ株式会社へ

〒132-0024 東京都江戸川区一之江7-22-5
都営地下鉄新宿線 一之江駅 A1出口より徒歩7分
代表取締役社長兼CEO 清水一郎

 

03-6303-4197

清水コンサルティング・グループ
株式会社の総合受付番号です。

★営業電話、営業メールは固くお断り
しております。

東京の総合コンサルなら、清水コンサルティング・グループ株式会社へ
①国内唯一、法人・個人企業・士業事務所に加え、一般個人も対象にした総合コンサル
国内唯一、全コンサルタントが有資格者、60の資格を有する士業集団がワンストップでご支援
➂国内唯一、経営コンサルタントは「日経TEST」を毎年受験、700点超の経済知力を保有



 本サイトは工事中です。11月18日リニューアル・オープンの予定でございます。
 尚、ご相談などの受付は、通常どおり行っております。

⑩鉄・非鉄|清水コンサルティング・グループ株式会社|東京

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゃゆゅよらりるれろわ・を・んアイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤャユュヨララリルレロワ・ヲ・ン

異素材間競争が激化

中国の過剰生産による「鉄冷え」は一服

神鋼ショックで業界再編の兆しも

 東京五輪に向けた施設建設や再開発が続き、底堅い動きを見せる国内の鉄鋼需要。さらに大きいのは中国の過剰生産問題が緩和に向けて動きだしたことだ。

 

 中国は世界最大の鉄鋼の生産国で、粗鋼生産量は世界の半分に当たる年間8億トンに上る。日本の約8倍だ。生産能力はさらに大きく、2015年末時点で11億トン超。常態化する過剰生産で国内で消化しきれない安価な鋼材が海外市場に流れだして世界の鉄鋼市況が崩れる「鉄冷え」が続いていた。

 

 欧米諸国が中国製鋼材に反ダンピング(不当廉売)課税ょかける中、中国政府が設備過剰に取り組み。過去2年で1億トン分の設備を廃棄したといわれる。 

 

 2017年は5年に一度の共産党大会を前に、景気の腰折れを警戒する中国政府がインフラ投資を拡大、鋼材需要を支えたこともあり、中国の鋼材輸出量は2017年I~6月期に前年同期比3割減。国際市況も上向き、国内鉄鋼大手の新日鉄住金やJFEホールディングスの業績も回復した。

自動車向けアルミ材が活況

 2018年も引き続き堅調な需要が見込まれる鉄鋼業界だが、先行きは楽観できない。国内では2020年の五輪以降、鋼材需要は落ち込みそう。中国が再び設備過剰に陥り、市況をかく乱するリスクもある。主力の自動車向け鉄鋼需要が、鉄よりも軽いアルミや炭素繊維複合材などに取って代られる可能性もある。

 

 背景には世界的な燃費規制の強化がある。比重が鉄の約3分のIのアルミは価格の高さがネックだったが、自動車メーカーは軽量化効果に着目、適用範囲を広げつつある。ガソリン車からEV(電気自動車)へのシフトも軽量化素材の需要を押し上げる。EV最大の弱点である「航続距離」を延ばせるからだ。アルミ国内最大手のUACJは、2017年に約4万7000トンの自動車用アルミパネル需要が、2025年には27万トンに膨らむとみる。

 

 巨大な自動車市場を巡り、激しくなる鉄・非鉄・樹脂の「異素材間競争」。焦点となるのが2017年秋に品質データの改ざん問題が発覚した神戸製鋼所の動向だ。今後、取引先の対応費用の負担が求められたり、損害賠償が巨額になるリスクがある。深刻な業績悪化に見舞われれば、「他社が救済するかたちでの業界再編に発展する可能性もある」(大手証券アナリスト)。
 

 アルミなど、自動車の「マルチマテリアル化」に対応しやすい事業を抱えている神鋼を巡り、2018年は業界再編の号砲が鳴るかもしれない。

主なマスコミ取材実績

お問合せはこちら

「清水コンサルティング・グループ株式会社」のサイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。

ご不明点やご相談などございましたら、
「ご相談フォーム」「メール」「お電話」より、お気軽にお問合せください。

 

お問合せは、お気軽に
お電話を下さいませ。

<よくある質問>
  • 初回面談したい時はどうしたらいいのですか?
  • 無料相談の制度はありますか?
  • 営業時間外や土・日・祝祭日の相談は可能ですか?
  • 対応エリアを教えて下さい。
  • 結局いくらかかるのか不安です。
  • 追加費用が発生することはありますか?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

サービス内容や料金に関して疑問点等がございましたら、ご遠慮なさらずにご質問ください。
どのようなお悩み・ご相談でも結構です。
あなた様からのご相談をお待ちしております。
少しでも不安や疑問がございましたら、どうぞお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問合せはこちらへ

03-6303-4197

清水コンサルティング・グループ株式会社の総合受付番号です。
★営業電話、営業メールは固くお断りしております。

営  業 日:月曜日~金曜日
定  休  日:土・日・祝祭日
営業時間:9:00~18:00

尚、「事前予約」を頂ければ、営業時間外・定休日のご相談・ご面談も可能でございます。

「メール」と「お問合せフォーム」は24時間・ 365日、受け付けております。

E-mail   info@shimizu-cg.jp

 

 

<SCG事業部サイト>

         災害お見舞い

平成30年北海道胆振東部地震により甚大な被害が発生いたしました。
清水コンサルティング・グループ株式会社では、被災者の方々の救援や被災地の復興に役立てていただくため、日本赤十字社を通じ、義援金のご支援をさせていただきました。     2018年9月11日

代表取締役 社長兼CEO
清水 一郎 

親切・丁寧な対応をモットーとしております。気軽にご相談ください。

       サイドメニュー

03-6303-4197

清水コンサルティング・グループ株式会社の総合受付番号です。
★営業電話、営業メールは固く
お断り
しております。


   日:月曜日~金曜日
定  休  土・日・祝祭日
営業時間:9:00~18:00

尚、「事前予約」を頂ければ、営業時間外・定休日のご相談・ご面談も可能でございます。

「メール」と「お問合せフォーム」は、24時間・ 365日受け付けております。

 info@shimizu-cg.jp

       全国対応可能

北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木.群馬,埼玉.千葉,神奈川,新潟,富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,静岡,愛知,三重,滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山,鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川, 愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分.宮崎.鹿児島,沖縄

「日経ビジネス」特集
   2016125日号に、
      代表取締役社長兼CFO 

  清水 一郎  のインタビュー
      記事が掲載されました。

     スマホ用QRコード

東京の経営コンサル事務所なら、清水経営コンサルティング事務所へ

社長改革、社員改革による会社改革なら、東京の清水経営改革事務所へ