東京の総合コンサルなら、清水コンサルティング・グループ株式会社へ。中堅・中小企業、個人企業、士業事務所に加え、一般個人のコンサルも実施。60の資格を有する士業集団が、企業価値の最大化と個人様の資金計画をいたします。1998年創業。


 

東京の総合コンサルなら、清水コン
サルティング・グループ株式会社へ

〒132-0024 東京都江戸川区一之江7-22-5
都営地下鉄新宿線 一之江駅 A1出口より徒歩7分
代表取締役社長兼CEO 清水一郎

 

03-6303-4197

清水コンサルティング・グループ
株式会社の総合受付番号です。

★営業電話、営業メールは固くお断り
しております。

東京の総合コンサルなら、清水コンサルティング・グループ株式会社へ
①国内唯一、法人・個人企業・士業事務所に加え、一般個人も対象にした総合コンサル
国内唯一、全コンサルタントが有資格者、60の資格を有する士業集団がワンストップでご支援
➂国内唯一、経営コンサルタントは「日経TEST」を毎年受験、700点超の経済知力を保有



 本サイトは工事中です。11月18日リニューアル・オープンの予定でございます。
 尚、ご相談などの受付は、通常どおり行っております。

㉓航空・鉄道|清水コンサルティング・グループ株式会社|東京

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゃゆゅよらりるれろわ・を・んアイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤャユュヨララリルレロワ・ヲ・ン

ANAとJALの競争激化

ANAが営業利益でJALを超えるか

鉄道は混雑率の解消が焦点に

 航空業界ではANAホールディングスが日本航空(JAL)の営業利益を抜くかが焦点だ。JALは2010年に経営破綻したものの、公的資金による救済などで復活し、2012年3月期からANAの営業利益を上回り続けている。 

 背景には両社の戦略の違いがある。国の方針でJALが新規投資や路線開設を実質的に抑制されていた間にANAは新規路線を積極的に開業し、売上局を伸ばした。JALは座席の刷新などサービス投資に力を入れて利益を拡大。ANAは拡大した路線が収益に結び付き、2018年3月期に最高益を更新し、JALに営業利益で肩を並べる見込みだ。 

 

 2021年3月期までの営業利益目標ではANAが2000億円を掲げているのに対し、JALは1800億円程度。そこまで段階的に利益が伸びるなら2019年3月期にANAがJALを上回りそうだ。

 しかしJALは2017年に国内線でネット接続サービスの無料化や旅客管理システムの刷新などサIビス向上に注力している。利用者や単価の伸びにつながれば、利益が増す可能性もある。 

 

 業界全体の課題はパイロット不足。大手だけでなく、中堅や格安航空会社も路線を拡大しているためだ。2018年2月にはAIRDOがパイロット不足を理由に計26便を運休する。

小田急が混雑を大幅緩和へ

鉄道業界は訪日外国人の増加などを受けて、業績好調の企業が相次ぐ。2018年3月期はJR東海やJR東日本、東京急行電鉄や小田急電鉄などは過去最高益に迫る見込みだ。2019年3月期はこの持続力が問われることになる。その一方で、サービス向上は十分に進んでいない。特に朝の通勤時間帯の混雑は緩和されていない。東京圏における2016年度の平均混雑率は165%と前年度よりやや悪化している。 

 

そうした中、小田急が30年かけた複々線化工事が2018年3月に完了する。上下線をそれぞれ2本ずつの計4本にして輸送力が大幅に向上。同月から新ダイヤを始め、192%だった朝のラッシュ時の混雑率が150%程度に下がると予想する。小田急は混雑が嫌われ京王線などに利用者を奪われていたが、混雑率の緩和によって「他社線の乗客の3~4%分の利用者がシフトするとの期待がある」と星野晃司社長は語る。満員電車での通勤は生産性低下の一因ともいえる。鉄道各社にとって混雑率の緩和が重要な取り組みになりそうだ。

主なマスコミ取材実績

お問合せはこちら

「清水コンサルティング・グループ株式会社」のサイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。

ご不明点やご相談などございましたら、
「ご相談フォーム」「メール」「お電話」より、お気軽にお問合せください。

 

お問合せは、お気軽に
お電話を下さいませ。

<よくある質問>
  • 初回面談したい時はどうしたらいいのですか?
  • 無料相談の制度はありますか?
  • 営業時間外や土・日・祝祭日の相談は可能ですか?
  • 対応エリアを教えて下さい。
  • 結局いくらかかるのか不安です。
  • 追加費用が発生することはありますか?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

サービス内容や料金に関して疑問点等がございましたら、ご遠慮なさらずにご質問ください。
どのようなお悩み・ご相談でも結構です。
あなた様からのご相談をお待ちしております。
少しでも不安や疑問がございましたら、どうぞお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問合せはこちらへ

03-6303-4197

清水コンサルティング・グループ株式会社の総合受付番号です。
★営業電話、営業メールは固くお断りしております。

営  業 日:月曜日~金曜日
定  休  日:土・日・祝祭日
営業時間:9:00~18:00

尚、「事前予約」を頂ければ、営業時間外・定休日のご相談・ご面談も可能でございます。

「メール」と「お問合せフォーム」は24時間・ 365日、受け付けております。

E-mail   info@shimizu-cg.jp

 

 

<SCG事業部サイト>

         災害お見舞い

平成30年北海道胆振東部地震により甚大な被害が発生いたしました。
清水コンサルティング・グループ株式会社では、被災者の方々の救援や被災地の復興に役立てていただくため、日本赤十字社を通じ、義援金のご支援をさせていただきました。     2018年9月11日

代表取締役 社長兼CEO
清水 一郎 

親切・丁寧な対応をモットーとしております。気軽にご相談ください。

       サイドメニュー

03-6303-4197

清水コンサルティング・グループ株式会社の総合受付番号です。
★営業電話、営業メールは固く
お断り
しております。


   日:月曜日~金曜日
定  休  土・日・祝祭日
営業時間:9:00~18:00

尚、「事前予約」を頂ければ、営業時間外・定休日のご相談・ご面談も可能でございます。

「メール」と「お問合せフォーム」は、24時間・ 365日受け付けております。

 info@shimizu-cg.jp

       全国対応可能

北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木.群馬,埼玉.千葉,神奈川,新潟,富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,静岡,愛知,三重,滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山,鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川, 愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分.宮崎.鹿児島,沖縄

「日経ビジネス」特集
   2016125日号に、
      代表取締役社長兼CFO 

  清水 一郎  のインタビュー
      記事が掲載されました。

     スマホ用QRコード

東京の経営コンサル事務所なら、清水経営コンサルティング事務所へ

社長改革、社員改革による会社改革なら、東京の清水経営改革事務所へ